2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ボールペンインキのいろいろ

皆さんはボールペンのインクの違いって知ってますか?
ボールペンには、油性インキ・ゲルインキ・水性インキがあります。

インクの成分
油性色素+油+樹脂
ゲル:色素+ゲル化剤+水
水性:色素+水


 このような違いがあるので、用途やシーンによって使い分けると良いですね^^

 油性は色の種類は少ないものの、耐水性がインクの消耗が少ない面で、多くの用途に使われます。また、良く使う人には持って来いといえるでしょう

 ゲルは書きやすさ、発色の良さ、耐水性共に優れているのですが、インクの減りが早いという欠点もあります。

 水性はあまり使われなくなりましたが、衣類についてしまったときなどは簡単に落とすことができるので、安心です。

書きやすさについては、最近は技術も進みゲル並みに滑らかに書ける商品も出てきています。
ゲルに関しては、消せるものも出てきていますね。              パイロット フリクション             


インクの特徴
油性耐水性があリにじまない、インクが他の2種類より長持ち。
ゲル水性のように滑らかに書け、にじまない、発色が良い。
水性:滑らかに書け、発色が鮮やか。


文房具店に勤める前はどれも同じって思っていましたが、いろいろ使ってみると書き味などはかなり違います。
細いものはインクの減りも遅く、繊細な感じだし、サインペンに匹敵するほどシッカリかける太いものもあります。用途に合わせて使っていくと、不便さも感じなくなると思います。
お店の店員さんに聞くと、新しい発見もあるかもしれませんね^^

                   
                rogo.jpg
                 文具館マルウチHP                    

2008..11 ワンポイントアドバイス comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://bunngukannmaruuti.blog39.fc2.com/tb.php/11-88f2bc56

Twitter

Flashリバーシ

FC2カウンター

Flashリバーシ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。